子どもたちにとって
初めての世界
安心してのびのび生活
できる工夫を

幼児教育教諭(幼稚園)
さゆり幼稚園
中村佳奈子
松本短期大学 幼児教育学科 卒業
2020年 入職

子どもの頃からの夢を叶えて
今ここに

両親、親戚に“先生”とつく職業をしている人が多く、自然と自分も先生になりたいと思うようになりました。子どもが好きで、中学・高校時代に職業体験で実際に保育の現場に行き、子どもたちと関わる中で、保育を学びたい、保育者になりたいと思うようになり、幼児保育学科のある短期大学に進学しました。

実習では子どもたちとたくさん遊び、関わる中で、多くのことを学びました。失敗から得たものも多く、子どもや保育のことを改めて考えることができ、2度の幼稚園実習が、幼稚園教諭を志すきっかけとなりました。また、私自身も幼稚園時代の楽しかった記憶が残っており、卒園アルバムの将来の夢にも、「ようちえんのせんせいになりたい」と書いてありました。振り返るとずっと憧れの存在だったのだと思います。

成長した子どもたちを想像し
想いを伝えていく

子どもたちとは、たくさんコミュニケーションをとることを大切にしています。幼稚園は子どもたちが初めて親と離れ、生活する場です。寂しさや不安でいっぱいの子どもたちにとって、幼稚園が安心して楽しく過ごせる場所になるように、たくさんスキンシップをとり、気持ちに寄り添うことで信頼関係が築けるよう心掛けています。

仕事を通して感じたことは、人は1人では生きていけないということです。私は今までたくさんの人に支えられ、今もたくさんの人に支えてもらっていると感じます。今度は私が子どもたちの支えになりたいと思いますし、子どもたちにも困っている人がいたら手を差し伸べることができる人になってほしいと願っています。

QUESTION休みの日は何をしている?

家族や友人とおでかけをしたり、おいしいもの巡りをしたりしてリフレッシュしています。

自分ってどんな人?

典型的O型のTHE末っ子です。

先輩として一言!

学生のうちにしかできないことはたくさんあります。 今を思いっきり楽しんでください!

ENTRY NOW

ENTRY

下記よりエントリー区分を選択してください。